ゆすったら数字を表示するサイコロを作ろう

ゆすったら数字を表示するサイロ作り

まず、数字の表示です


ランダムな数字というのは、1から6までの数字を、順番をバラバラに作るという意味です。
だからサイコロをふるたびに、適当な数字をだします。


これで、ゆすると。1から6までの数字を表示します。
ゆすってみましょう。
数字が出たら次へ進みます。

でも、ここで変数を使ってみます。


変数(へんすう)をおして、「すうじ」という変数を追加(ついか)してください。
変数というのは、数字や文字などを入れておく箱(はこ)です。
下のようになれば、変数ができたということです。



上のようになったら、(すうじ)という変数ができたということです。
できたら次のようにします。
変数に入っている数字が表示されます。

変数が使えたら合格です。

次に、サイコロみたいに表示しましょう。


変数に数字がはいると、サイコロのようになります。
もし・・・ならば というのは IF関数(いふかんすう)というしかけです。

3より上はじゅんばんに工夫してみてください。
(すうじ)が6のときは、「でなければ」で書きましょう。

サイコロができれば合格(ごうかく)です。

英語の読める人は、JavaScriptをおして英語を調べてみてください
意味を考えましょう。

すうじ = randint(16)    ・・・・ここで整数の変数をつくる。intというのは整数。randというのは乱数。
                 ・・・・イコール=で(すうじ)という変数の中に作られた乱数をいれる(代入)。
    if (すうじ == 1) {      ・・・・もしも数字が1なら{}の中のことをするという意味。
                 ・・・イコールイコール == は同じという意味。 =と区別しよう。
        basic.showLeds(`
            . . . . .
            . # # # .
            . # # # .
            . # # # .
            . . . . .
            `)
    } else if (すうじ == 2) {
        basic.showLeds(`
            # # . . .
            # # . . .
            . . . . .
            . . . # #
            . . . # #
            `)
    } else if (すうじ == 3) {
        
    } else {
        
    }


ヒントへ進む