コインをふる(真・偽をつかう) 変数を2つ使う

ボタンを押したらコインの裏表が出る

簡単に作るには


もし、真なら偽ならというのをつかって
真のところに、<ランダムに真か偽か決める>というのをいれます。
そして、表は○、うらは×を表示するようにします。
これはいろいろ変えても良いけど
これでできあがり。


10回ふったら,表と裏が5かいずつになるだろうか。

10回ふって、表が何回裏が何回か数えさせよう。
5回と5回に分かれるかなぁ。
ということで
覚えておくために、「おもて」と「うら」と言う変数を作ります。
そして


これでできあがり。
10回降って5と5になることもあるけれど、2と8になることもある。
10人集まったら、5人が女5人が男なんてなるとは限らない。

ヒントへ進む