3の段(だん)の覚え方(おぼえかた)

3のだんをおぼえよう

さいしょは5こではありません

3のだんは、5こずつはおぼえません。
ではなんこずつがいいのでしょう。
これにはきまりはないのですが、6個(こ)よりたくさん いちどにおぼえるのは よくありません。

3の段は3個ずつ覚えましょう

さんいちが3
さんにが6
ささんが9
この3つをまずおぼえます。
3×1 3×2 3×3
3,6,9の3とびです。
それに10より小さい数ですから、十の位を考えずにおぼえられます。
だからかんたんなのです。
でもりゆうはほかにもあります。
どうして3つか・・・だんだんわかってくるでしょう。
イメージも作っておきましょう。
  3

次の3個を覚えましょう

つぎの3こは
さんし(3×4)12
さんご(3×515
さぶろく(3×6)18
まず何に気がつきますか。
まずじゅうがつきます。
つぎの3こは「じゅう」がつくのです。
3×4 3×5 3×6
12 15 18
このなかで、いちばんだいじなのが、さんし(3×4)12 です。
これをおぼえれば、あとの3つは3をたしていけばいいのです。
さんしじゅうにをおぼえて、
もう3つだからさんご(12+3)15、
さらにもうみっつだから、さぶろく(15+3)18と考えながらおぼえましょう。
  3
12
15
18

一の位はもっとかんたんにわからないの


3×4 3×5 3×6
12 15 18
最初(さいしょ)の3個(こ)と1のくらいを、くらべてみましょう。
 3  6  9
 2  5  8
なにか きがつきませんか?

つぎの3こを覚えましょう

さんしち(3×7)21
さんぱ(3×8)24
さんく(3×9)27
こんどの3つは、十の位は「にじゅう」です
にじゅうとわかっているから、いちのくらいにしゅうちゅうできます。
3×4 3×5 3×6
12 15 18
このなかで、いちばんだいじなのは、さんしち(3×7)21 です。
そしてこのなかで、いちばんまちがえやすいのが、さんしち(3×7)21です。
これをまずおぼえましょう。
そして、21+3=24 24+3=17と考えながら次の3つもおぼえましょう。

いちのくらいはどうでしょう。


いちの位をぜんぶならべてみましょう。
さいしょの3つ  3  6  9
つぎの3つ  2  5  8
さいごの3つ  1  4  7
おや、きれいにならびます。
1,2,3,4,5,6,7,8,9とならんでいるのがわかりますか。
3のだんは、とてもすてきな九九のだんなのです。
  3
12
15
18
21
24
27
次へ進む