ボタンを使おう

ボタンを押したら表示が変わるプログラム

ボタンは3種類


まずボタンAが追われた時を作ってみよう。



ボタンAを押して、顔が表示されればOK

ボタンを3種類作ろう




パソコン上(シュミレーター)でできたら、マイクロビットへダウンロードしよう。
1,USBケーブルでパソコンとつなぐ
2,設定メニュー(右上歯車マーク)から、ぢぃばいすを接続するをクリック
以下別紙。

ヒントへ進む